観光情報

観光地・名所旧跡

松島町

【 瑞巌寺(国宝) 】
瑞巌寺 天長5年(828年)慈覚大師によって創建されたと伝えられる。「瑞巌寺」は奥州随一の禅寺で、伊達政宗の菩提寺である。 現在の建物は慶長14年(1609年)政宗が桃山様式の粋をつくし、5年の歳月をかけて完成させたもので、政宗が心血を注いだ荘厳な大伽藍といえる。
南東に面し、南西端に御成玄関を伴い、南東端は庫裡に続く回廊に接続する。大きさ正面39m、奥行き25.2m。 入母屋造・本瓦葺で、部屋は10室に分かれる。慶長9年から足かけ5年をかけ、同14年(1609年)完成。材料は熊野から運ばれ、京都・根来の大工衆が技を競った。(国宝)
本堂(方丈) 現在、本堂が改修中につき、国宝庫裏と陽徳院などを特別公開中です

【 五大堂(国重要文化財 】
五大堂(国重要文化財) 松島のシンボル・五大堂は、大同2年(807年)、坂上田村麻呂が東征のおり、毘沙門堂を建立したのが最初。後に、慈覚大師が延福寺(瑞巌寺の前身)を開いた際、 大聖不動明王を中心に、左右降三世、軍荼利、大威徳、金剛夜叉の五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれています。
現在の建物は、伊達政宗が再建したもので桃山式建築手法の粋をつくして完工したものです。
伝説では、慈覚大師が五大明王を安置したところ、田村麻呂が祀った毘沙門天は光を発して沖合の小島に飛び去り、その島は毘沙門島といわれるようになったそうです。

▲このページのトップへ戻る

松島三霊廟

【 円通院 】
円通院 瑞巌寺の西隣にある円通院は、伊達家二代藩主忠宗の次男である光宗の墓所(県重要文化財)。
 
光宗は、文武両道に長じていたため、外様大名から名君が出ることを警戒していた幕府から恐れられ、毒殺されたというのが定説です。
その死をいたんで建立された御霊屋(三慧殿)は支倉常長がヨーロッパから伝えた西洋文明の影響が強く、厨子(ずし)の右扉の内部には、 日本最古といわれる西洋バラの絵が描かれています。
この絵は、金箔の地に白、赤、緑の三色を用い、緑青やサンゴなどを使っているため、永久に変色はしません。
 
円通院がバラ寺の愛称で親しまれていたのは、扉のバラにヒントを得た天野明道住職が、院内六千平方メートル一帯に、 色とりどりのバラを植え込んで一般に開放したためです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【 天麟院 】
天麟院 天麟院は、政宗公の正室・愛姫との間に生まれたただ一人の娘・五郎八(いろは)姫の菩薩を弔った寺で、陽徳院、円通院と並んで、松島の三霊廟に数えられています。
五郎八姫は、徳川家康の六男で鬼子といわれた松平忠輝のもとへ政略結婚として嫁いだ。しかし、忠輝も父・家康の政略方法などに反発を強め、 大阪夏の陣には参戦しなかった。そのため、高田75万石を召し上げられる。
五郎八姫は離婚して仙台へ戻り仏門に入ったが、政宗公は不幸な娘に同情して娘の信仰を全面的に援助したといわれています。 なお、松島町富山の大仰寺には、出家寺の五郎八姫の遺髪、仏舎利があり、門外不出の寺宝となっています。

【 陽徳院 】
陽徳院 二代忠宗が母の信仰に報いるため、瑞巌寺の修行道場として1650年に建立したもの。
政宗公の正室・陽徳院(愛姫)の御霊屋(寳華殿)は、格天井で彩画が施された江戸初期の建築様式をとどめ、県の文化財に指定されています。
 
(※瑞巌寺本堂が現在改修中のため、寳華殿(陽徳院御霊屋)が特別公開中)

 
 
 

【 観瀾亭 】
観瀾亭 この建物は文禄年中に豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した伏見桃山城の一棟で江戸品川の藩邸に移築したものを二代藩主忠宗が一木一石変えずこの地に移したものと伝えられる。
現在観瀾亭では、抹茶等も提供しておりますのでのんびりと旅の疲れをおとり下さい。また古き時代を振り返り、当時を想い出してみてください。
 
■拝観料
【個人】大人:200円  高・大学生:150円  小・中学生:100円
【団体】大人:150円  高・大学生:100円  小・中学生: 80円
  ※30名以上

(宮城県松島町HPより一部抜粋)

▲このページのトップへ戻る

利府町

【 岩切城跡 】
岩切城跡 自然地形を利用した中世の典型的な山城です。
源頼朝によって陸奥国留守職に任命された伊沢家景の子孫、留守氏の居城です。
規模が大きく、残存状態が良好なことから昭和57年に「国指定史跡」に登録されています。
本丸のあった平場の他、堀切、土橋、土塁と呼ばれる施設も確認されています。

 
 
 

【 郷楽遺跡 】
郷楽遺跡 縄文時代から中世にかけての遺跡です。
中でも古墳時代の円墳からは朝顔型埴輪と呼ばれる埴輪が見つかっています。
 
これは県内において見つかっている例は少なく、大変貴重なものです。また、平安時代の大規模な集落跡も見つかっています。

 
 
 
 

【 菅谷穴薬師 】
菅谷穴薬師 道案寺横穴古墳群の一つで、横穴壁面に削られた「磨崖仏」をさします。
 
「岩切のお薬師」・「七ヶ浜湊の薬師」と共に「三薬師」とよばれ、今から約1200年前に慈覚大師が一夜のうちに造ったといわれています。

 
 
 
 
 

【 硯沢窯跡 】
硯沢窯跡 春日大沢窯跡・大貝窯跡と共に春日大沢窯跡群の一つで奈良時代の須恵器窯跡、平安時代の瓦窯跡、竪穴住居跡等が見つかっています。
 
製作された須恵器や瓦は古代の役所である多賀城政庁に運ばれ、使用されたようです。

 
 
 
 

【 十三本塚 】
十三本塚跡 本来13基あったものと思われますが、現在、3基残っているのみです。
その中の一つは古くから「野中の古塚」とよばれていました。
 
十三本塚は全国に多く分布していますが、いろいろな説があり、その性格や意味は分かっていません。

 
 
 
 

【 大貝窯跡 】
大貝窯跡 本来13基あったものと思われますが、現在、3基残っているのみです。
その中の一つは古くから「野中の古塚」とよばれていました。
 
十三本塚は全国に多く分布していますが、いろいろな説があり、その性格や意味は分かっていません。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【 川袋古墳群 】
川袋古墳群 3基の円墳が見つかっています。
 
1号墳からは横穴式石室と呼ばれる遺体を納める部屋が見つかっています。石室内や周囲からは鉄製品(直刀・馬具・農具等)、須恵器等が出土しています。

 
 
 
 
 

【 春日大沢窯跡 】
春日大沢窯跡 本町、春日には「瓦焼場」という地名が残されており、昔から瓦を焼いた場所として伝えられていました。
平安時代の須恵器・瓦窯跡の他、近世の瓦も見つかっており、その中の一つには「太田一兵衛」という刻印のある瓦も含まれています。
 
これと同じものは松島町瑞巌寺においても見つかっています。

 
 
 

【 道安寺横穴古墳群 】
道安寺横穴古墳群 道安寺の裏山一帯に100〜200の横穴があるといわれています。
調査の結果、39基の横穴が見つかっており、中からは副装品である須恵器・土師器等の土器類の他、勾玉・管玉等の装身具、直刀等が出土しています。
 
また、中世には横穴は信仰の場所として再利用されていますが、ひとつの横穴には河原石が敷き詰められており、お経を石に書き写した「写経石」も見つかっています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【 八幡崎遺跡 】
八幡崎遺跡 古墳時代から平安時代にかけての集落跡等が見つかっています。
 
それぞれの遺構からは土師器・須恵器等の遺物がたくさん出土しています。
 
見つかった土器の中には関東地方で多く見つかっている土器も含まれており、交流があったものと思われます。

 
 
 

【 浜田洞窟遺跡 】
浜田洞窟遺跡 縄文時代前期から弥生時代、奈良時代にかけての遺跡です。
 
洞窟の中からはそれぞれの時代の土器等が見つかっています。
 
また、付近からは縄文時代の貝塚も確認されています。

 
 
 
 

【 勿来の関跡 】
勿来の関跡 現在、「勿来神社」をひっそりと残すのみですが、古代、この場所に関所があったといわれています。
 
現在でも周囲には「名古曽川」・「惣の関」といった関所に関連した地名が残されています。
 
また、この地において源義家は「吹く風を勿来の関と思えどもみちもせにちる山桜かな」という歌を詠んだといわれています。

 

【 利府城跡 】
利府城跡 自然地形を利用した山城です。留守氏の家来であった村岡氏が築いたといわれています。
 
当初、「村岡城」とよばれていましたが、永禄13年(1570)に留守政景が岩切城から利府城に移った際に「利府城」と改められました。
 
政景は黒川郡大谷城に移るまでこの城を本拠地としました。

 
 

【 六田遺跡 】
六田遺跡 発掘調査の結果、縄文時代の竪穴住居跡等が多数見つかっています。
 
また、住居跡やその周辺からは多数の縄文土器と共に石器・石製耳飾等も出土しています。

 
 
 
 
 

【 櫃ケ沢遺跡 】
櫃ケ沢遺跡 浜田洞窟遺跡近くの海岸線に沿って位置しています。
 
周辺からは製塩土器(塩をつくるために海水を煮るための土器)がたくさん見つかっています。

 
 
 
 
 

▲このページのトップへ戻る

イベント

松島町

【 松島マルシェ まつの市 】
松島マルシェ まつの市 松島の農林漁生産団体、商工会などで構成する松島町地産地消実行委員会では、町内で収穫された新鮮な農林水産物を軽トラックで直販し、地元消費者と生産者のふれあう場として「松島マルシェ まつの市」を開催しています。毎年6月〜10月の最終日曜日、午前9時から正午、松島町中央公民館前で好評開催中です。是非お立ち寄り下さい!
 
◆日時:6月〜10月最終日曜日
◆場所:松島町中央公民館前
◆問い合わせ先:松島町産業観光課農林水産班 TEL022‐354‐5707

 

【 松島流灯会 海の盆 】
松島流灯会 海の盆 東日本大震災により被害の大きい近隣地域への配慮と、安全面や警備面で現実的に通常開催が難しいことなど、様々な要素が重なり「松島灯籠流し花火大会」を中止し、松島は観光地である前に、霊場であることから震災に被災した2011年に3つの理念「供養行事としての原点回帰」「今こそ松島がひとつに」「未来への種まき」を挙げ開催されました。
 
国宝瑞巌寺の「大施餓鬼会」や「灯籠流し」を原点とし、先祖及び震災で亡くなられた方々の供養と松島の伝統や寺町文化の魅力を世界に発信し、観光地松島の再発掘と地域経済の発展に寄与しながら地元住民の若い世代が主体となって開催しております。
 
◆日時:8月14日〜16日
◆場所:松島海岸中央広場、瑞巌寺周辺他
◆問い合せ先:松島流灯会海の盆実行委員会 TEL022-354-2618(松島観光協会内)

 

【 瑞巌寺大施餓鬼会 】
瑞巌寺大施餓鬼会会 瑞巌寺の伝統行事である大施餓鬼会(おせがきえ)は、8月16日に、百八つの灯籠とともに全国から寄せられた供養灯籠を海面に流し、 先祖の霊の供養を行います。 海の上でゆらりゆらりと光が流れていく様子は幻想的です。
瑞巌寺僧侶による供養祭も古式の祭事により執り行われ、厳粛な雰囲気に包まれます。
 
◆日時:8月16日
◆場所:松島海岸中央広場及び瑞巌寺参道
◆問い合わせ先:松島観光協会 TEL:022-354-2618

【 瑞巌寺灯道 】
瑞巌寺灯道 このイベントは松島の観光財産の一つである奥州随一の名刹「瑞巌寺」の仏教文化に支えられた伝統、 歴史の重厚さが醸し出す独自の雰囲気を最大限に利用したイベントです。
国宝・瑞巌寺を会場とし、地元の方々が手作りで行う松島町あげての新しい夏祭りです。
祭りは、瑞巌寺の参道に灯火をつけ、暗闇の世界のそぞろ歩きを楽しみます。
 
◆日時:日時:8月6〜8日
◆場所:松島海岸中央広場及び瑞巌寺周辺
◆問い合わせ先:松島観光協会 TEL:022-354-2618

 
 
 
 

【 月の秋in観瀾亭 】
月の秋in観瀾亭 伊達家代々の藩主が月見を楽しんだ観瀾亭で行われる「月見の会」。
 
松島湾に浮かぶ月を堪能できます。
 
◆日時:9月23日〜25日 午前6時〜午後9時
(1時間毎の入れ替え制)
◆場所:観瀾亭
◆入場料:600円(抹茶セット)
◆問い合わせ先:松島町産業観光課商工観光班 TEL:022-354-5708

 
 
 
 
 

【 松島ハーフマラソン 】
松島ハーフマラソン 毎年10月体育の日に開催される松島ハーフマラソン大会は、松島町町民グラウンドを会場に東松島市を折り返す風光明媚な海岸線の公認コースを走ります。
 
種目も、ハーフ、10キロ、5キロ、3キロがあり毎年多くのランナーが参加します。
 
◆日時:10月体育の日の前日の日曜日
◆場所:松島町町民グラウンド〜東松島市野蒜
◆問い合わせ先:松島ハーフマラソン大会事務局(KHB東日本放送)
 TEL:022-215-2545

 
 
 
 
 

【 松島紅葉ライトアップ 】
松島紅葉ライトアップ 円通院庭園をはじめ、瑞巌寺洞窟群、天麟院、観瀾亭の紅葉をライトアップします。円通院本堂前の『遠州の庭』は、江戸時代に名を馳せた作庭家・小堀遠州の手による仙台藩江戸屋敷の庭を移設したもので、荘厳な歴史の面影を感じることができます。 また期間中は、瑞巌寺灯道「秋」も開催され(土・日・祝日のみ)、瑞巌寺参道をロウソクの灯りで幻想的に演出します。(雨天中止)
 
◆日時:10月下旬〜11月下旬 午後5時半〜午後9時
◆場所:円通院・瑞巌寺洞窟群、比翼塚・三聖堂、天麟院、観瀾亭
◆料金:無料(円通院のみ拝観料500円)
◆問い合わせ先:松島観光協会 TEL022‐354‐2618

 

【 松島かき祭り 】
松島かき祭り 松島の冬の風物詩、松島かき祭りは毎年2月初旬に開催されます。 かき鍋、かき殻焼き等の松島特産のかき料理が無料又は有料で各種味わえます。
 
炭火の大炉端での殻焼き体験では会場で買った殻カキを好きなだけ焼いて食べられるので、グループで楽しめるコーナーです。 又、それ以外にも地場産品やホタテなどの各種販売ブースもあり、海の幸を存分に満喫することができます。 人気の鮮カキ即売コーナーは午前中で売り切れるほどの人気なので買われる際はお早めに。
 
瑞巌寺老師と僧侶によるカキ供養祭は、祭のメインで、松島に根ざした瑞巌寺の仏教文化にふれることもできます。
 
◆日時:2月第1土・日曜日
◆場所:松島海岸駅前グリーン広場
◆問い合わせ先:松島観光協会 TEL:022-354-2618

(宮城県松島町HPより一部抜粋)

▲このページのトップへ戻る

利府町

【 十符の里−利府」フェスティバル 】
十符の里−利府」フェスティバル 人々のふれあいの場として開催される「十符の里−利府」フェスティバルは、毎年たくさんの人々で大盛況です。
 
利府太鼓に乗せた「利府祭人(さいじん)」の躍動感あふれる踊りも必見!打ち上げ花火やお楽しみ抽選会など、多彩なイベントで、大人から子どもまで楽しめます。
 
あなたも参加してみませんか。
 
◆日時:
◆場所:
◆問い合わせ先:事務局(利府松島商工会利府事務所)
 TEL:022-356-2124

 

【 浜まつり 】
浜まつり 自然の恵みと豊作に感謝し開催される利府町浜まつりでは、カキ、のり、 ワカメなど優れた海産物を中心に広く町の地場産品を紹介しています。
(毎年11月下旬)
 
◆日時:
◆場所:
◆問い合わせ先:NPO法人利府町観光協会
 TEL:022-356-3678(平日9時〜16時まで)

 
 
 
 
 
 

【 新幹線車輌基地まつり 】
新幹線車輌基地まつり 新幹線車両基地で行われる年に一度の新幹線まつりでは、日ごろお目にかかれない新幹線の中まで大公開。鉄道マニアやチビッコたちで賑わいます。
(毎年7月下旬)
 
◆日時:
◆場所:
◆問い合わせ先:JR東日本仙台支社TEL022-266-9601

 
 
 
 
 
 
 

【 梨まつり 】
梨まつり 利府町の特産の「長十郎」の直売、採れたて野菜の販売や梨の種飛ばし大会、皮むき大会など楽しいゲームが盛り沢山。
(毎年10月)
 
◆日時:
◆場所:
◆問い合わせ先:NPO法人利府町観光協会
 TEL022-356-3678(平日9時〜16時まで)

 
 
 
 
 
 

▲このページのトップへ戻る

レジャー施設

【 観光遊覧船 】
観光遊覧船 ◆湾内一周定期コース
仁王島、鐘島、桂島など大小の奇岩が次々と移り変わる風景が満喫できます。松島発着ですので、お車の方にも便利です。
 
◆随時運行小型遊覧船
島々の岩肌や松の枝振りを小型船の特色を生かし間近に見ることができます。お急ぎの方には便利です。
 
◆松島〜塩竈湾内周遊定期コース
絵ハガキにもなっている有名な島々が次々にご覧になれます。12月〜3月にはカキ鍋クルーズも就航し、時間のとれない方も「旬のカキ料理」を味わうことができ便利です。
 
◆奥松島・嵯峨渓周遊コース
削り立った岸壁に打ち当たって砕ける豪快な波の乱舞。湾内の女性的な景観とは対照的なリアス式海岸特有の男性的な景観は、また違う美しさです。
 
○松島島巡り観光船企業組合
○丸文松島汽船株式会社

【 みちのく伊達政宗歴史館 】
みちのく伊達政宗歴史館 200体を超える等身大のロウ人形を展示し、戦乱の世に生きた英雄、政宗公の波瀾万丈の生涯を25の場面に分けて今に再現しています。
騎乗の政宗像は、まさに今にも走り出しそうな迫力。
 
併設する「みちのく偉人館」では、棟方志功、宮沢賢治、野口英世など、東北の県が生んだ偉人43名のロウ人形を展示しています。
 
◆料金:大人:1000円/中高生:600円/小学生:500円
◆営業時間:通常:8:30〜17:00/冬期:9:00〜16:30
◆電話番号:022-354-4131

 
 
 
 

【 マリンピア松島水族館 】
マリンピア松島水族館 世界各地から 集められた魚類や海に生息する哺乳類など、およそ300種4000点を見学することができます。
ラッコやパンダイルカ、バイカルアザラシなどのかわいらしい人気者が勢ぞろいし、ヨチヨチ歩きが愛らしいペンギンは7種類もそろう充実ぶり。
 
また、アシカのショーは親子で楽しめ、大屋根があるので雨天時も安心です。
 
◆料金:大人:1400円/小中生:700円/幼児:350円
◆営業時間:9:00〜17:00
◆電話番号:022-354-2020

 
 
 
 

【 藤田喬平ガラス美術館 】
藤田喬平ガラス美術館 「海とガラスと庭園のミュージアム」をテーマとするガラス美術館。
 
平成14年に文化勲章を受章した藤田氏の作品を常時100点展示する。
 
日本の伝統美をガラスで表現した代表作「飾筥(かざりばこ)」。その作品の美しさと松島の眺望、広さ7千坪の見事な庭園が一体となった幻想的な美術館。
足を一歩進めるごとに夢の世界が広がります。
 
◆料金:一般・大学生:1000円/小中高生:500円
◆営業時間:4月〜10月末:8:30〜17:30/11月〜3月末:8:30〜17:00
◆電話番号:022-353-3322

 
 
 

(宮城県松島町HPより一部抜粋)

▲このページのトップへ戻る

利府町

【 グランディ21・宮城県総合運動公園 】
グランディ21・宮城県総合運動公園 グランディ21(宮城県総合運動公園)は、約5万人を収容できる「宮城スタジアム」、室内競技の国際大会や各種イベント等にも対応できる「総合体育館」、 「屋内温水プール」、「テニスコート」、「フットサルコート」、「宮城県サッカー場」がある宮城県を代表する総合スポーツ施設です。
 
◆問い合わせ先:グランディ21宮城県総合運動場
◆電話番号:TEL022-356-1122

 
 
 
 
 
 
 

【 杜の都信用金庫モリリン加瀬沼公園 】
杜の都信用金庫モリリン加瀬沼公園 塩竈市、多賀城市及び宮城郡利府町にまたがる加瀬沼を中心とした地域に「人と自然との調和」をテーマとし,緑豊かな環境の中で, 誰もが日常的な健康づくりができるレクリエーションの場を提供するために設置されました。
春は花見で、秋は芋煮会で賑わいます。
 
加瀬沼は豊かな自然環境が今も残る貴重な場所であり、大正時代のはじめごろから昭和38年にかけて塩竃市の上水道として利用されていました。
現在は灌漑用水ため池として利用されています。
 
◆問い合わせ先:杜の都信用金庫モリリン加瀬沼公園管理事務所
◆電話番号:TEL022-767-2723

 
 
 

【 県民の森 】
県民の森 県民の森は、澄みきった青空と、緑豊かな郷土をつくるため、昭和44年に明治100年の記念事業として開園し、年間約25万人の人々に利用されています。
 
この地域は仙台市街地と隣接しながらも、遠くに蔵王連峰や太平洋が望め、また豊富な動植物や史跡にも恵まれており、今では私たち県民の自慢の財産となりました。
この豊かな環境の中で、自然の散策に、レクリエーションに、そして野外学習の場にと、思い思いの目的でゆっくりと自然に親しんでください。
 
◆問い合わせ先:宮城県環境生活部自然保護課
◆電話番号:TEL022-211-2676

 
 
 

▲このページのトップへ戻る

  • 松島プレミアム
  • りふまつしま商工会報
  • 経営発達支援計画
  • 宮城県よろずDATE Biz
  • B to B
  • 女性部
  • 青年部
  • ネットde記帳
  • 楽天ゴールデンイーグルス
  • ベガルタ仙台
  • 消費税軽減税率制度
【利府事務所】
〒981-0104
宮城郡利府町中央二丁目8番地3
TEL:022-356-2124
FAX:022-356-6088
E-mail:
rifus@coral.ocn.ne.jp
【松島事務所】
〒981-0215
宮城郡松島町高城字浜1-27
TEL:022-354-3422
FAX:022-354-4054
E-mail:
matu3422@ruby.ocn.ne.jp